東京都市圏交通計画協議会

協議会について

主な活動内容

当協議会の主な活動は、人の動きを調査するパーソントリップ調査と物の動き及びそれに関連する貨物自動車の動きを調査する物資流動調査を行い、これら基礎的な調査結果をまとめるとともに、広域的かつ総合的な観点からの都市交通政策の検討を行ってきました。また、検討結果については、シンポジウムや市区町村説明会などの開催、ニューズレターを発行する等、様々な広報活動によって周知に努めています。

パーソントリップ調査は、昭和43年度に初の大規模調査を行って以来、10年毎に計6回の調査を実施しています。物資流動調査は、昭和47年度に第1回目の調査を行って以来、概ね10年毎に計5回の調査を実施しています。これらの調査結果は、各地域における交通問題解決に向けた有用な基礎データとして幅広く利用されてきたところです。

少子・高齢化及び人口減少など都市交通を取り巻く諸情勢は大きな転換期を迎えており、これまでにない様々な変化に直面していることから、これからも、様々な活動を通して東京都市圏の都市交通問題改善に向けた取り組みを進めていきたいと思います。

各種調査・研究、アンケート調査の実施

・パーソントリップ調査
・物資流動調査

データ(集計結果)提供

ニューズレター等の発行

シンポジウム・市町村説明会の開催

実施年度 調査名
平成30年度  第6回東京都市圏パーソントリップ調査
平成25年度  第5回東京都市圏物資流動調査
平成20年度  第5回東京都市圏パーソントリップ調査
平成15年度  第4回東京都市圏物資流動調査
平成10年度  第4回東京都市圏パーソントリップ調査
平成6年度  第3回東京都市圏物資流動調査
平成5年度  小規模パーソントリップ調査※
昭和63年度  第3回東京都市圏パーソントリップ調査
昭和57年度  第2回東京都市圏物資流動調査
昭和53年度  第2回東京都市圏パーソントリップ調査
昭和47年度  第1回東京都市圏物資流動調査
昭和43年度  第1回東京都市圏パーソントリップ調査

※最新の交通実態変化を把握することを目的に、従来のパーソントリップ調査よりサンプルの規模を小さくして実施した調査。(パーソントリップ調査の中間年に実施)

協議会
協議会とは
主な活動内容
パーソントリップ調査
パーソントリップ調査とは
調査結果
活用方法と主な事例
物資流動調査
物資流動調査とは
調査結果
活用方法と主な事例
記者発表資料
広報
公表資料
ニューズレター
シンポジウム・市区町村説明会
PageTop